♦ å¤§ä¼šè¦ç¶±

バトル部門について


《レーン》
・パイロン・レーンはFSS部門と同じ「50cm間隔で20個、80cm間隔で20個、120cm間隔で14個」の計3レーンを使用します。

《滑走方式》
・各選手は1回ずつ2順滑走します。
・1回あたりの滑走時間は30秒で、1個目のパイロン通過時点で計測を開始します。
 (厳密な30秒ではなく、最終動作に入っていればそのまま流します)

《審査と採点》
・審査員は5名。1名の持ち点を1点とし、優れていると思われる選手に投票します。
・同点の場合は、独自票のジャッジが再投票します。
 例) A・A・B・B・Cと投票された場合は、C票のジャッジがAもしくはBに再投票。
 ただし、決勝戦の1・2位決定時のみラストトリック戦となります。

《ラストトリック》
最高得点者が同点により2名以上となった場合、その選手は「ラストトリック」を行います。
各選手が10秒以内で連続したトリックを行い、再度審査を行います。
滑走順は逆順となります。
2名の滑走終了後、再度審査員により投票を行い、勝者を決定します。

審査基準


<評価要件>
・Quantity & Quality(量と質)
技の難易度、繰り返し回数、バランスで評価する。
バランスの制御された技は、回数の多いアンバランスな技より評価される。

・Continuity & Flow(連続性と流れ)
コーンライン内での他の技へのスムースな移行も評価される。
上半身をバランスよく使った表現は評価される。

・Trick variety(技の種類)
単一のカテゴリーよりも広いカテゴリーの技を実施することは評価される。

・Footwork & Linking(駆け引きと繋ぎ)
1回目の試技より2回目の試技に高難度の技を実施することは評価される。
同様に他の競技者の技を意識した技の展開は評価される。


<罰則>
・コーンキック、バランスを失う、転倒などへの罰則は発生しない。
しかし、競技者の「量と質」は格下げされる。

・ミスコーン(コーンキック、不通過)
ミスコーンの技は評価対象外とする。

・転倒
転倒するまでに実施された技は評価の対象となる。

・反復
同一ラウンドに同一の技を実施した場合は、評価の高い技を採用する。
同一ラウンドに複数回の同一技や同じカテゴリーの技を実施すると
「技の種類」の評価を低下させる要因となる。
前
FSS部門
カテゴリートップ
TOP
次
過去の大会結果